自動車売却時の自動車保険見直しに!保険一括見積情報!

自動車売却時に必要な自動車保険の基礎知識

そもそも自動車保険とは?

自動車,保険
自動車に乗っていると、ついうっかり不注意で事故を起こしてしまう事もあれば、安全運転を心がけていても事故に巻き込まれてしまう事もあります。

 

もしその際に大切な自分の自動車に傷が付いたり、事故によって車が故障してしまった場合には修理が必要となりますよね。自動車修理は、思いの外高額ですし、怪我をしてしまったら治療費も必要になります。

 

自分の不注意で事故を起こしてしまい、誰かを巻き込んだ場合には、その相手の車の修理代、怪我の治療費、仕事を休んだ分の補償、慰謝料など、モノとヒト、両方の損害への賠償が必要な場合もあるのです。

 

交通事故の賠償金は、億がつくほど高額になるケースも多く存在します。

 

そんな時に心強いのが自動車保険です。

 

そもそも、自動車保険は大まかに分けると二種類があります。

 

車や、原付バイクを含むバイクを運転する人は強制的に加入するよう義務付けられている「自賠責保険」と、任意で加入できる「任意保険」です。

 

任意と名前が付いてはいますが、自賠責保険と任意保険両方に加入している、というのがごく一般的です。

 

突然やってきくる出費に慌てぬよう、何もない平常時にしっかり考え検討し、保険で備える事は大切な事です。

 

自動車保険|自賠責保険とは

自動車,保険
自賠責保険は、「自動車損害賠償責任保険」という名前の損害保険の一種です。

 

自動車損害賠償保障法という法律により、車やバイクなどを運転する人全てに加入が義務付けられています。

 

未加入の場合は厳しい罰則があります。

 

自賠責保険にさえ入れば安心…ではありません。

 

自賠責保険は補償内容がかなり限定されています。

 

自分が加害者になった場合で相手に怪我をさせてしまったり、怪我の後遺症が出てしまった、または相手を死亡させてしまった場合に保険金が出ます。

 

被害者一人当たりの限度額も決まっており、事故の相手に怪我を負わせてしまう傷害に対し120万円まで、後遺障害は程度に応じ等級が定められており75万円から4000万円まで、死亡に対し3000万円までと定められています。

 

限度額以上の被害額になることは多く、相手の物、自動車、自分自身や自分の自動車に対しても保険金はおりません。自賠責保険、任意保険両方に加入することが一般的なのは、自賠責保険に不足している補償を任意保険がカバーしているからなのです。

 

車の購入時や、車検を受ける際には、車検期間を超える期間の自賠責保険に加入が必要です。また、保険証は車検証と一緒に車に乗せておきましょう。

 

自動車保険|任意保険とは

任意保険は、自賠責保険に不足している補償内容や補償金額をカバーできる心強い存在です。

 

億がつくような賠償金の交通事故も珍しいことではありません。

 

その場合は自賠責保険では限度額がある為に保険金が不足しますので、不足した分は任意保険から支払う事になります。

 

もしも任意保険に加入していなければ、自賠責保険の不足分は貯金などから支払うか、自分の財産を売って支払うことになりかねません。

 

また、自分自身や、自分の車に対しての補償、相手がある事故の場合で相手の車や物についての補償は、自賠責保険にはありませんので、任意保険で備えます。任意保険は、自分と相手、それぞれの身体、車や物に対して補償があります。

 

どの保険会社に加入するかにもよりますし、加入する人の年齢や、自動車の種類、免許証の色、保障の内容などによって支払う保険料は変わります。

 

また、事故後の話し合いを弁護士が行い弁護士費用は特約から出る弁護士費用特約など、保険会社により特約(オプション)も様々なものがあります。

 

たくさんの特約を付けると保険料が高額になりますので、よく内容を理解し、必要なものは特約を付け、もしもの際に頼れる内容にしておきましょう。